幼稚園の教諭になるためのステップとは

幼稚園教諭の資格を取るためには、大学や短大などの専門課程で学んでから試験を受けて合格する必要があります

幼稚園教諭の資格を取ることができる学校

4年制大学の教育学部にて学ぶ

4年制大学の教育学部にて幼稚園教諭になるために必要な科目を履修できます。4年生大学の場合、保育士や学校教諭の資格も合わせて取れることがあります。

短期大学で資格に必要な勉強をする

幼稚園教諭だけでなく小学校教諭や児童指導員といった資格を取得することができます。

3年生の短期大学でじっくり学ぶ

短期大学でも3年間学べる学校があります。幼稚園教諭だけでなく、ベビーシッターや保育士の資格も取得可能です。

専門学校で幼稚園教諭を目指す

教育学や保育学など幼稚園教諭を目指すのに必要な学科を総合的に学ぶことができます。

専用施設が充実した専門学校で学ぶ

キャンパス内には保育実習や調理実習といった実習室を充実させて、より実践的に学べるカリキュラムが組まれています。

初任給が高く昇進のチャンスがある

男女

幼稚園の先生として働くために必要な幼稚園教諭の資格には、一種と二種の二つの種類があります。その中の一種と呼ばれる資格は4年制の大学を卒業しなければ取得することができません。4年制の大学を卒業して一種の資格を取るメリットは、二種所得者に比べて初任給が高い点です。他にも昇進に制限がないので、最終的に園長になることもできます。また大学を卒業しているということから、幼稚園教諭以外の職に就きたいと考えた時、幅広い選択枠の中から選ぶことができるというメリットもあります。幼稚園の職を探す場合でも、一部の幼稚園では一種以上という条件を提示してあるところもあるので、それらの制限を関係なく職場を選ぶことができます。このように4年制の大学を出て一種の免許を取り幼稚園教諭になれば、安定した給与をもらうことができ、さらに昇進できる可能性も高いです。したがって幼稚園教諭として長く勤めていきたいと考えている方にメリットが大きいといえます。

活躍できる場が幅広い

先生と生徒

大学を卒業して幼稚園教諭になることが注目されている理由は、子どもの成長を感じながら仕事をすることができる点です。仕事を通して、子どもの笑顔を見たり、一緒に遊んだりすることができるので、子どもが好きな方に注目されています。また幼稚園教諭を取得すれば幼稚園以外にも活躍の場があります。例えば産婦人科やスポーツクラブ内にある託児所などです。このように幼稚園教諭の資格を持っていると、幼稚園を退職した後も活躍できる場が多い傾向です。他にも大卒であれば教育関連の教材を扱っている企業で働くチャンスもあります。結婚して子どもを出産し、その子どもが大きくなって再び働きたいと考えた時にも、大卒であればさまざまな就職先から選ぶことができるので注目されています。

広告募集中